必死のパッチ。

水分多し、アラサー女子。メンヘル。境界性パーソナリティー障害、摂食障害、睡眠障害、ADHDと共に生きています。

劣等

すべてにおいて人並みにできない気がする。
昔からそうだった。
いわゆる、劣等生。
看護学部では、二位の成績をキープし続けたけど
実社会においては、
生きることすら困難だ。
発達障害なのはわかる。
人格障害だというのもわかる。
常に空虚感と向き合って
孤独に耐えて、薬をたくさん飲み
対症療法もおこなっている。
一向に良くならないのはわたしが生きているからだ。

こんな人間、生きてる価値あるの?