つらくて

直視できない過去も

それでもまだ

まだ忘れなきゃいけない