息ができる時

本当に、ここにいていいんだって

認められる日はくるのだろうか。

その状況に直面したとして、そう

実感できる自分になれるだろうか。

つかの間の瞬間であっても

一緒にいてください。