いつも

いつも、夜中、目が覚めた時

そばにいて欲しい人は

決まって痛みを逸らしてくれる

眩しい6月のあの日みたいに